瓦の種類と見分け方

塗装の必要な瓦かどうかの見極めは材質が何で出来ているかによります。いわゆる昔ながらの粘土瓦や陶器瓦などは基本的には塗装はしません。粘土瓦用塗料で「いぶしコート」とか陶器瓦用に「セラミトーキ」なんていう塗料もありますが、ネオペイントではお断りしております。

では、塗装が必要な材質とは何でしょうか。ひとつはセメント系の瓦であり、もうひとつはコンクリート瓦です。もちろん瓦棒など鉄板の屋根も塗装が必要ですが、ここでは、見分けにくいこのセメント瓦とコンクリート瓦の見分け方を説明します。

koroniaru01.jpg

これはコロニアル瓦です。軽量であり、地震で瓦がずれることはまず考えられません。2001年以前の瓦ですとアスベストが15%程度含まれています。

しかしこの屋根材は非飛散性アスベスト成形板に分類されておりアスベストが自然に飛散して人体に影響を与えることはありませんのでご安心を。

しかし、葺き替え等では割らないように気をつけたり廃棄もアスベストに関する条例や法律の制限を受けてしまいます。

semento01.jpg

この瓦はセメント瓦です。最近の新築では使われませんが、今でも借家などでは多く見かけます。

semento02.jpg

semento03.jpg

この瓦も昔ながらの粘土瓦に形は似ていますが、 実はセメント瓦です。
よって塗装が必要な瓦です。
粘土瓦風の色合いと艶で塗装すると見分けがつきにくくなりますが、見わけ方は角が滑らかであれば粘土瓦、きざきざであればセメント瓦となります。
右側の写真のように角がぎざぎざです。

monieru02.jpg

monieru01.jpg

この瓦は乾式コンクリート瓦です。
一般的にはモニエルと呼ぶ場合もあります。

この瓦が一番塗装屋さんが失敗する瓦ではないでしょうか。
コンクリート瓦用のシーラーとセメント瓦用のシーラーは全く違う性質のものです。
コンクリート瓦にセメント瓦用の材料を使うとすぐに剥げてしまう恐れがあります。

ただし形が似ているためによく間違えるのです。

monieruhirakawarakoguti.jpg

semenntohirakoguti.jpg

左側の写真がコンクリート瓦の小口です。でこぼこしてます。
右側がセメントです。小口が非常にきれいで滑らかです。

この小口の部分が見分けるポイントになります。

無料相談実施中!

弊社では、無料相談を承っております。お気軽にお問合せください。

0120-939-710

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

会社概要

代表の森本です。
親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

有限会社ネオペイント

0120-939-710

住所

〒791-8032
愛媛県松山市南斎院町57-7

TEL : 089-921-3110
FAX : 050-3383-1281
E-mail : info@neopaint.jp